インナーケア

見た目も効果も可愛い南国フルーツ

南国フルーツ

栄養たっぷりな南国の食べ物

最近のココナッツオイル人気はすごいですね。コンビニでココナッツオイルが買える日が来るとは!(ナチュラルローソンでみかけました)ココナッツオイル関連の本もたくさん出ていますし、活用方も多々あることも人気の理由かもしれないですね。そんな南国フード達に注目が集まるなか、南国のフルーツにも良い効果がたくさんあるらしいのです。

 

マンゴー

『むくみや貧血、成人病の予防対策にも!』

マンゴーにはビタミンA,βカロテン、ビタミンC、葉酸が豊富に含まれており、青いときにはビタミンCを多く含み、熟すとβカロチンの量が増えるそうです。食べる時期によって摂取できる栄養素が変わるのですね。

 

mango

 

=マンゴー100gあたりの成分=

エネルギー 64.0kcal
水分 82.0g
タンパク質 0.6g
レチノール 100μg
コレステロール 0mg
カロテン 610μg
ビタミンC 20mh
ビタミンE 1.8mg
ビタミンB1 0.04mg
ビタミンB6 0.06mg
葉酸 84μg
ナイアシン 0.7mg
パントテン酸 0.22mg
ナトリウム 1mg
カリウム 170mg
カルシウム 15mg
マグネシウム 12mg
リン 12mg
 鉄 0.2mg
亜鉛 0.1mg

 

パパイヤ

『美肌に有効なビタミンB,C,Aが入ったスーパーフルーツ』

パパイヤにはパパインと呼ばれる酵素が含まれていて、このパパインはタンパク質を分解してくれます。熟していないパパインに多く含まれており、パパイヤが熟すにつれてパパインは少なくなってきます。タンパク質分解酵素は、消化促進、アトピーなどの皮膚炎、糖尿病、高血圧に効果を発揮してくれます。またこのパパインは脂肪や糖質も分解する働きがありますのでダイエット中の方にもオススメです。

 

papaiya

 

=パパイヤ100gあたりの成分=

エネルギー 38kcal
脂質 0.2g
コレステロール 0mg
ナトリウム 6mg
カリウム 210mg
炭水化物 10g
ビタミンC 50mg
カルシウム 20mg
鉄 0.2mg

 

スターアップル

『ファイトケミカルで抗酸化力&免疫力アップ』

スターアップルは中央アメリカや西インド諸島で減産のアカテツ科に属する植物です。スターアップルの葉で作ったハーブティーは、糖尿病や関節リュウマチの治療にも使われていたそうです。また美容にも嬉しい効果があり、コラーゲン生成を助ける働きもあるそう!またスターアップルはフィトケミカルが豊富に含まれているので抗酸化作用も期待できます。スーパーでみかけることは滅多にないけど、もし遭遇したら是非試してみてください。味はクセのない爽やかな味で名前にはアップルとついていますが、林檎の味はしません。柔らかくて食べやすいのでサラダに混ぜても美味しいかも。

 

スターアップル

関連記事