スキンケア

美腸と美肌の関係

avocado

美肌を育むスーパーフード

美肌修行の中でお肌のお手入れはもちろん大切ですが、体の中からもケアしていく事はお肌のお手入れと同じ位重要となります。

お肌状態は自分の体内の鏡でもあります。美肌へのアプローチは外からだけではなく内側からインナーケアも行ってベストな状態をキープできるよう頑張るのがいいですよね^^ どんな食べ物が肌に良いか知っておく事で食べ物を選ぶ際にも、美肌フードを取り入れる様ちょっとした意識をする事も出来ますね。食事は通常1日3回するものです。その中でお肌に良い食べ物を可能な時のみでも摂取していく事で内側からもバランスを整えて美肌に繋げていきましょう。またあまりストイックになるより食べられる時のみ摂取し、継続をしていく事が大切だと思います。

美肌フードその1 アボカド

avocado-2

 

 

 

 

 

 

アボカドはビオチンを豊富に含み、肌、髪、爪の乾燥を防ぐ対策としてピッタリの食べ物です。

アボカドはそのままスライスしてお醤油で頂いてもおいしいですし、外食時はグアカモーレなど。

角質層のうるおいやハリを保ち、美肌にかかせないビオチンは、食物から摂取しても腸内の善玉菌が正しく働いていない限り、体内で吸収されないのが現状です。美肌には腸内環境が整っていることは必須になります。

普段から良質な睡眠、適度な運動などを心がけ、腸内環境のバランスを整える生活態度も意識していきましょう。最近はコンビニなどで腸内細菌のバランスを整えておなかの調子を良好に保つドリンクが手軽に購入できます。毎朝の習慣にできたらベストですね。

美肌フードその2 大豆製品

soybeans

 

 

 

 

 

 

大豆製品は日本人の食卓にあがることが多く、私たちの食生活によくなじんでいる食材です。

大豆は女性ホルモンのエストロゲンとよく似たはたらきの成分を含んでいるため、女性の元気を保つのに貢献していると言われています。

また大豆イソフラボンが腸内細菌のチカラでつくられる『エクオール』があります。この成分は、腸内の細菌が大豆イソフラボンから変換し作られており、大豆食品を多く摂取している人はエクオールが多く作られる傾向にあるようです。エクオールを摂取するとシワの面積や深さの減少、美白効果などの美肌への嬉しい結果が出ています。これを聞いたら毎日納豆やお豆腐を食べたくなってしまいますね。

また最近は手軽にコンビニやスーパーでも豆乳のスモールパックを購入する事ができます。スタバでラテをオーダーする際も普通のミルクをソイミルクに変えてみるなど、小さい事からも取り入れられる美肌習慣の一つですね。

ビオチンもエクオールも腸内細菌のバランスを正常に保つ事で、ビオチンやエクオールを分解し、美肌の元の栄養素をつくりあげる事が分かっています。そうなると美肌フードを食べながらも、美腸活動も行っていく事が大切だという事に気づきますね。

関連記事