スキンケア

天然の肌を守るバリアクリーム”美肌菌”

bihada-kin

 

 

私たち女性は日々美しい肌を手に入れるために、いろんな化粧品やコスメを試してせっせと頑張っていますよね。でもその努力の方向がちゃんと正しい方向に向いているか、見分けられる知識がある事が大切なんだろうなーとしみじみ思います。

現代の化粧品の多くは石油から作られた合成成分であり、それらの合成成分が使用されてきた歴史というのはまだとても浅いです。合成成分を長期的に使用した場合、肌への影響がどれだけあるのかしっかりと検証されることなく、現在に至っているというのが怖い現状でもあります。

でも現在では化粧品に使用されている石油合成成分は、アレルギーや肌トラブルの原因になることが言われるようになってきました。そこで自分たちの肌には何が本当に良いのか考えていくことが、将来の美肌キープにもつながっていくと思います。
オーガニックコスメの中でも合成成分を使用していないコスメは、肌の中に常在する菌を活性化する植物の働きにより、肌にとってより理想的な天然のバリアクリームとなってくれます。

菌と聞くとどうしても良くないイメージもあるのですが、肌の皮脂膜を構成する上で必須なのが、じつは肌の上に棲んでいる常在菌です。この菌は皮脂の脂肪酸などを分解して、天然の肌バリア機能として働いてくれます。この天然のバリアクリームは肌を潤すだけでなく、紫外線からの保護作用や肌の老化によるくすみを抑えてくれたりと、嬉しい効果ばかりなんです!

この肌の上に棲んでいる菌は”美肌菌”ともいえる菌なのですね。
一般的な化粧品は合成界面活性剤や合成防腐剤を含んでいるため、この大切な美肌菌をなくしてしまう作用があります。その結果、慢性的な乾燥肌などの原因ともなってしまいます。

オーガニックコスメに注目している方は、肌に良いものを選択したいと考えている方がほとんどだと思います。理想的なオーガニックコスメとは、肌に足りないものを補給したりするのではなく、肌本来の機能をサポートしてくれるものだと思います。

oragnic

 

関連記事