スキンケア

保湿のポイントはセラミド配合コスメ

セラミド配合クリーム

 

保湿クリーム セラミド

 

スキンケアをする際に特に重要視されているのが、「保湿」だと思います。

でも実は保湿の意味を正しく理解されている人が少ないのも現状で、この保湿の意味を正しく理解することがヘルシーな肌へのカギになると思います。

 

肌タイプの1つで「乾燥肌」があるのですが、乾燥肌とはどの様な人にあたるのか明確ではない事が多く、肌が乾燥している様に見えるや、つっぱるので自分で乾燥肌と判断しているという人が多いと思います。

 

皮膚学的には、健康な肌の角層には約20-30%の水分が含まれていますが、これが20%以下になる事を乾燥肌といいます。

人の肌には水分を保持する仕組みが備わっているのですが、その機能は老化と共に低下していくので、それを補うことが保湿の目的となります。

 

水分 乾燥肌

 

肌の水分量を上げてくれるのは化粧水と考えている方が大半だと思うのですが、化粧水の大部分は水で構成されている事が多く、水そのものを与えても蒸発してしまいます。また乳液などでフタをすれば保湿できていると考えている方も多いと思うのですが、じつは油分の保湿力というのは落とし穴もあり、油分を含む化粧品を塗布しておいても、セラミドや水分保持力のある成分が少なければ、その塗布した化粧品のすき間をぬって水分が蒸発してしまいます。

 

ではどの様に保湿を行うのがベストなのか、本当の保湿とは体の外から水分を取り入れるのではなく、自分の体の内側からの水分を肌の中で保つように補っていく事です。

 

角層の水分を守っている保湿物質には、「皮脂」「天然保湿因子」「セラミドなどの角質細胞間脂質」の3つがあります。これらが上手く作用しながら水分をキープしています。

その中、角層の水分のうち80%以上はセラミドなどの角質細胞間脂質が占めており、これらが肌の水分量をキープする重要なカギとなります。

 

ceramide

 

本来、脂質は水と結合はしないのですが、セラミドは水と結合することができ、その水の湿度が0%に低下しても蒸発しないという性質があります。保湿をする際はセラミドが重要なポイントとなってくるのですね。

 

そこでセラミド化粧品を選ぶポイントですが、セラミドは水溶性の物質ではないので、化粧水ではなく、美容液や乳液に配合されています。最近は色々なセラミドが化粧品に使用されていますが、選ぶときに重要なのは人の肌に近いかがポイントとなります。

人の肌には6種類のセラミドがあり、この中で特に保水力に優れているのはセラミド1,2,3となります。ですので、この1,2,3のいずれかが入っている事を基準として選んでいく事がベターだと思います。

セラミドは化粧品の原料の中でも比較的高価な方なので、微量しか入っていない事などもあるようです。化粧品の種類や量にもよるのですが、3000円以上を目安に選ぶとよいようです。

 

ceramide face cream

 

そんな中、セラミドを配合していておすすめのクリームが、セラミド3を効率よく配合しているアムリターラのアスタラディエンスクリームです!

アスタキサンチンをたっぷりと配合しているので色はオレンジがかっています。

アスタキサンチンは抗酸化作用に優れており、活性酸素の除去をサポートしてくれます。

肌に発生する活性酸素はシミの原因にもなるので、この季節の紫外線対策ケアとしてもピッタリだと思います。

テクスチャーはクリームと乳液の間という感じで、軽くみずみずしく、多くの女性が好む、べたつかないけど肌がしっとりするという理想的なテクスチャーだと思います。

適量は2、3プッシュと記載してありますが、私は1.5~2プッシュだけでも、充分しっとりするなーと感じています。

ジャータイプのクリームが衛生的にもちょっと苦手だったりもするのですが、このチューブタイプのパッケージもとてもお気に入りのセラミド配合クリームです。

購入はbiople、コスメキッチン、ロフト、アムリターラ直営店 AMRITARA HOUSE 表参道などで取り扱っています。サンプルサイズもあり、サンプルとしては少々高価なのですが、自分の肌に合うか試すことができるので、おすすめです。

 

関連記事