スキンケア

”紫外線防御”と”肌修復” その2

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キールズ化粧水

 

"夜の肌修復" スキンケア

夏の間にたくさん紫外線を浴びた肌は、その様々なダメージにより乾燥がいつもより倍増!乾燥している肌は角質層が潤った健康な肌よりダメージを受けやすいのが事実です。

日頃から紫外線を浴びた後の肌のお手入れは入念にしておく事が大切です。

最近のスキンケア美白ラインはとっても優秀なものばかりで多機能なものばかりです。美白/紫外線ケアは日差しの強い時期だけでなく、1年中美白ケアをしておく事が大切です。紫外線の肌への悪影響が話題になる昨今、ケアを怠ることなく、健康な肌を育てていきましょう。

キールズの化粧水は、日中浴びた紫外線のダメージをリセットしてくれる優秀コスメです。

 

キールズ DS クリアリーホワイトエッセンス トナー 5,076円(税込)

 

テクスチャーはややしっとりで、肌に塗布した後はもっちり感がアップします。

使用後に収れん化粧水にあるスーっとした感覚があります。配合成分にサリチル酸が入っており、大人ニキビにも悩んでいる方にはそのニキビ対策として嬉しい相乗効果も期待できます。

サリチル酸はグリコール酸と比べて分子量が大きく浸透しにくい分、肌へのピリピリ感が少なく、大人ニキビ対策に大切な角質肥厚を防いでくれる作用もあります。

 

うっかりと日焼けをしてしまった場合

肌がデリケートになっている場合などは、栄養満点の化粧品を使用する事よりも、まず肌の炎症を抑えて肌を鎮静する事をお勧めします。

肌表面のバリア機能が低下し肌も弱っているときなので、使用するスキンケアもできるだけ肌に負担のないものを選ぶようにしましょう。クレンジングで肌を清潔な状態にしてから冷たいタオルで肌を鎮静させクールダウンしましょう。

その後は肌に刺激の少ない化粧水でしっかりと保湿をするなどのシンプルケアがおすすめです。

時間に余裕がある際や事前準備ができる場合は.

コットンに精製水または水道水を染み込ませた後、軽く水を切りジップロックに入れ冷蔵庫で冷やしておきます。このコットンに敏感肌用の化粧水をたっぷりとしみこませ、洗顔後の清潔な肌に3-4分間コットンパックをします。パックを長時間つけたままだと肌の水分がコットンに吸収されてしまうこともあるので、特にお肌が弱っているときは短めの時間で設定しておきましょう。

コットンを冷蔵庫で冷やす時間がない人は.

ビニール袋に氷と水をセット、または保冷剤を薄手のタオルに包みます。コットンに敏感肌用の化粧水をしみこませた後にお肌にのせていきます。そのコットンパックの上から氷水の袋またはタオルに包んだ保冷剤をのせます。

パックをする時間の目安はこちらも3-4分程になります。この後にまだ火照りが気になる場合はコットンパックを外して冷却をしましょう。

これからの時期はうっかり日焼けが増えてくる時期です。そんな時も夜に適切なケアを行い、肌へのダメージを深刻化させないお手入れを心がける事で秋も美肌でスタートしちゃいましょう。

 

関連記事